飲む育毛剤の成分にはどんなものがあるのか?

 

飲む育毛剤の代表的な種類を上げていきましょう。

 

フィナスティリド

プロペシア・フィンペシアなどに含まれる成分でホルモン剤の一種ですね。AGAなど脱毛症は男性ホルモンの分泌が原因とされており、そのホルモンの生成を抑える働きがあります。
それによって抜け毛の防止につながります。ただし性欲減退などの副作用もあります。

 

ミノキシジル

ミノキシジルには塗るタイプと飲むタイプがあり、塗るタイプがリアップ、飲むタイプがミノキシジルタブレットなどがありますね。
ミノキシジルは血管の拡張作用があり血流を良くする効果があります。血流をよくすることで髪を作る毛母細胞に十分な栄養がいきわたり、発毛につながります。
育毛ケアで頭皮マッサージが推奨されるのも頭皮の血流促進のためですね。

 

ミノキシジルは強力ですが副作用も強く塗るタイプでは頭皮の痒み、飲むタイプでは効果がより大きいですが反面、心臓などに負担がかかります。

 

ミレットエキス

ミレットエキスはケイ素が多く含まれる成分です、体内でケイ素が不足すると皮膚がたるみ脱毛がおきやすくなってしまいます。
ケイ素を十分に取り入れることで毛母細胞の働きを促進して、太くこい髪を維持することが出来ます。

 

 

飲む育毛剤は複数のメーカーから発売され多くの種類があります。副作用なども加味した上で自分にあったものをしっかりリサーチするのが大切です。