飲む育毛剤のメリットデメリットは?

飲む育毛剤といえば、そのままの意味で従来の塗るタイプの育毛剤ではなく飲んで効果を発揮する育毛剤でミノキシジルやフィナスティリドが有名ですね。

 

最近では円形脱毛症の治療などにも飲む育毛剤が使われています。

 

塗るタイプの育毛剤では毛穴から育毛成分や栄養を与えるというアプローチですが、しかし頭皮に塗っても吸収率は低いとされています。
長年育毛剤を使っても目に見えて効果が出ない方も多いようです。

 

飲む育毛剤では体内に確実に栄養や育毛成分を取り入れることが出来るため、その分効果も高いのです。

 

また髪につけるタイプの育毛剤は毎回塗る手間が必要になり、特に朝の忙しい時間に塗るのは中々難しかったりしてついつい塗るのがおっくうになりがちです。
そして塗った後多少なりとも髪が濡れたり育毛剤のニオイがつくため人と会う時に気を使ったりといったこともあるでしょう。

 

飲む育毛剤はこういった点でも優れていて、サプリや薬のようにさっと飲めるため手間がかかりませんしニオイなどもしません。
ただし体内に直接取り入れる分どうしても副作用が避けられないのが飲む育毛剤のデメリットといえます。

 

特にミノキシジルやフィナスティリドはもともと育毛剤ではなく、他の症状に用いられていた医薬品に発毛などの効果もあったというだけなので長期間使えばそれだけリスクも大きいです。

飲む育毛剤のまとめ

メリット

  • 効果が高い
  • 飲むだけでいいので手間がかからない
  • ニオイ・髪が濡れるなどの外見上の変化が無い

 

デメリット

  • 副作用がある

 

基本的に飲む育毛剤はAGAがかなり進行した年配の方むけではないでしょうか、若年の薄毛はほとんど生活習慣に原因があるため、食事・睡眠・髪のケア方法・ケア用品の見直しなどをすれば改善することも往々にしてあります。